コラム

catch-img

 オンライン展示会で設置したい4つのコンテンツ

オンライン展示会では、パソコンやタブレットなどの画面を通じて情報を伝えるため、自社商材の見せ方に工夫が必要です。

オンライン展示会を実施する際、「どのようなコンテンツを用意すればよいのだろう」「オンライン展示会で参加者の興味を惹きつつ、自社商材の魅力を伝えられる方法を知りたい」とマーケティング担当者の方もいるのではないでしょうか。

この記事では、オンライン展示会で設置するのが望ましいコンテンツを4つ紹介します。


また、オンライン展示会を実施するまでの準備については、こちらの記事で詳しく解説しています。併せてご確認ください。

  オンライン展示会の流れは? 準備の際に活用できるチェックリストを紹介 オンライン展示会の明暗を分けるのは、開催前の事前準備といっても過言ではありません。「段取り八分」という言葉があるように、開催前の準備をどれだけ綿密にできるかが重要といえます。この記事では、初めてオンライン展示会の開催を検討している企業の担当者の方に向けて、開催までの流れと必要な準備について解説します。 株式会社ビークス【オンライン展示会製作】


目次[非表示]

  1. 1.①製品・サービスの展示
  2. 2.②ダウンロード用資料
  3. 3.③セミナー配信
  4. 4.④参加者アンケート
  5. 5.まとめ


①製品・サービスの展示

オンライン展示会を開催する場合、自社商材の展示会では製品・サービスを提示するコンテンツが欠かせません。

オンライン展示会は、オフライン展示会のように実物の製品・サービスを手に取って体験してもらうことができません。そのため、展示には画像や動画、3Dバーチャルコンテンツなどを活用して、製品・サービスを分かりやすく訴求する必要があります。

製品・サービス展示のコンテンツを制作する際は、参加者の興味を惹き、飽きさせない構成やデザインになるように工夫をすることが重要です。


▼製品・サービス展示のコンテンツ例

  • 自社商材の使用方法を説明するデモ映像
  • オフライン展示会のような3Dバーチャルショールーム


デモ映像のような動画コンテンツは、自社商材の基本情報をはじめ、使用方法や製造工程など、文字情報での説明では伝わりづらい部分を分かりやすく示せることが利点です。なかでも3Dバーチャルコンテンツは、実際に展示ブースに来場したかのようにリアルな視覚体験ができるため、製品・サービスを魅力的に訴求できます。



②ダウンロード用資料

製品・サービスの仕様やプランなどを詳しくまとめた、ダウンロード用の資料コンテンツを用意することも有効です。

オンライン展示会では、オフライン展示会のように来場者に企業パンフレットやカタログを手渡しできません。そのため、製品・サービスに興味を持った参加者が、Web上で資料を閲覧したり、ダウンロードしたりできるコンテンツの提供が必要です。


▼ダウンロード用資料の作成方法

  • 紙媒体のカタログをPDF化する
  • デジタルカタログを作成する


オンライン展示会で資料をダウンロードしてもらうことで、参加者のデータ収集・計測に活用することも可能です。



③セミナー配信

参加者との新たな接点獲得や、既存顧客との信頼関係を強化するには、セミナー配信のコンテンツを設置する方法があります。

オンライン展示会では、セミナー映像をWeb上で配信することが可能です。リアルタイムでのライブ配信のほか、セミナー映像を録画して後日オンデマンド配信することで、参加者の都合の良いときに利用してもらえます。


▼セミナー配信の活用例

  • オンライン展示会のブース内でセミナーのライブ配信を行う
  • オンライン展示会の実施期間中にセミナー映像をオンデマンド配信する


オンデマンド配信は、セミナー映像を見返したい方へのフォローや、ライブ配信に参加できなかった方との接点の創出に活用できます。また、オンライン展示会セミナー映像を集客・販促ツールとして継続的に活用することも可能です。



④参加者アンケート

オンライン展示会のリード獲得やデータ分析に役立つコンテンツとして、参加者へのアンケートがあります。

アンケートを実施することで、社名・部署・役職・連絡先など、参加者の詳しいリード情報を取得できます。これらの情報は、オンライン展示会実施後のアフターフォローや追客に活用できます。

また、アンケートの質問を通じて参加者の温度感・感想を知ることで、購買意欲や商談移行の見込み度の把握にもつながります。


▼アンケート内容の例

  • オンライン展示会に参加した目的
  • オンライン展示会の満足度・評価
  • 興味を持った製品・サービスの種類
  • 購入の検討度合い・購入を検討している時期
  • 参加者の属性
  • 参加者が現在抱えている課題 など


アンケートを実施するタイミングは、目的に応じて決めることがポイントです。


▼アンケートの目的と実施するタイミングの例

目的
アンケート実施のタイミング
  • 参加者の属性分析に活用したい
  • オンライン展示会のマーケティング戦略に役立てたい
  • 予約申し込み時
  • ブースへのアクセス時
  • 参加者の温度感を把握したい
  • 見込み顧客の判別に役立てたい
展示会実施後


なお、Web上で実施するアンケートは、データ集計・分析を行いやすいことも強みです。



まとめ

この記事では、オンライン展示会で設置するコンテンツについて、以下の内容を解説しました。


  • 製品・サービスの展示
  • ダウンロード用資料
  • セミナー配信
  • 参加者アンケート


オンライン展示会では、製品・サービスの実物を見てもらえないため、参加者の興味を惹くような、魅力的な体験を提供できるコンテンツ制作がカギとなります。

自社商材の魅力が視覚的に伝わる工夫を施したコンテンツを制作するのはもちろんのこと、セミナーや資料ダウンロードなどで、参加者が手軽に情報収集できるコンテンツをそろえることも重要です。

ビークス』では、オンライン展示会のサイト構築からコンテンツ制作、運営までをトータルサポートいたします。初めてオンライン展示会を実施する方や、コンテンツ制作のリソース・ノウハウがない方でも安心です。


詳しくは、こちらの資料をご確認ください。

資料ダウンロード

オンライン展示会をご検討中の方は
お気軽にご相談ください

【受付時間】平日 10:30~19:00
お電話でのお問い合わせはこちら
※在宅勤務実施のためお電話が繋がりにくい場合がございます。以下問い合わせフォームもご活用ください。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧