コラム

catch-img

オンライン展示会のプラットフォームに求められる機能とは?

近年、新型コロナウイルス感染症の流行によって、非対面型・非接触型のビジネスが注目を集めています。

そうしたなか、オフライン展示会に代わる営業手法として、オンライン展示会が行われるようになり、展示会の選択肢の一つとして定着しつつあります。

オンライン展示会を効果的に開催するには、“プラットフォーム”という専用ツールが必要です。プラットフォームとひと口にいっても、さまざまなサービスがあるため、「どのような機能を持つサービスを選べばよいか分からない」とお困りの担当者の方もいるのではないでしょうか。

この記事では、オンライン展示会のプラットフォームに求められる機能について解説します。


目次[非表示]

  1. 1.オンライン展示会のプラットフォームに必要な機能
    1. 1.1.①豊富なテンプレート
    2. 1.2.②オリジナルデザイン
    3. 1.3.③マルチデバイス対応
    4. 1.4.④運営代行・サポート
    5. 1.5.⑤カスタマイズ機能
  2. 2.まとめ


オンライン展示会のプラットフォームに必要な機能

オンライン展示会のプラットフォームにはさまざまな種類があり、搭載されている機能が異なります。

プラットフォームを導入する際は、基本的な動画やセミナーといったコンテンツ配信機能に加えて、確認しておきたい機能があります。ここでは、オンライン展示会のプラットフォームに必要な機能について解説します。

コンテンツ配信に関する基本的な機能については、こちらの記事をご確認ください。

  オンライン展示会で設置したい4つのコンテンツ オンライン展示会では、パソコンやタブレットなどの画面を通じて情報を伝えるため、自社商材の見せ方に工夫が必要です。この記事では、オンライン展示会で設置するのが望ましいコンテンツを4つ紹介します。 株式会社ビークス【オンライン展示会製作】


①豊富なテンプレート

自社・商材のコンセプトやテーマに応じた展示会を実施するためには、テンプレートが豊富に用意されたプラットフォームを選ぶことが重要です。

展示ブースやVRなどのテンプレートが豊富にあると、用意されたデザインのなかから自社に合うものを選択して、簡単にWebサイトを作成できます。

また、レイアウト・配色を選択できるため、商材の魅力も表現しやすくなります。


②オリジナルデザイン

商材やブランドの訴求力を高めるためには、オリジナルデザインへの対応が可能なプラットフォームを選ぶことも有効です。

限られたテンプレートのなかからデザインを選ぶ場合、手軽に作成できる反面、個性をアピールしにくく、ブランディングが難しくなります。

展示ブースや配色などを自由にデザインできる機能があると、商材・ブランドのコンセプト、世界観をアピールしやすくなります。その結果、参加者の関心度・理解度を高めることにつながります。


③マルチデバイス対応

オンライン展示会のプラットフォームを選ぶにあたっては、OSや端末の制約がなく参加者がアクセスできる、マルチデバイス対応であることが重要です。

プラットフォームには、ChromeやSafariなどのブラウザ上で動作するものと、アプリのインストールが必要なものがあります。

ブラウザ上でアクセスできるプラットフォームであれば、OSや端末が異なる場合でもオンライン展示会に参加できます。

ただし、通信が途切れたり、操作が遅くなったりしないように、動画やVR視聴を問題なく行える動作環境を備えたプラットフォームを選択することが大切です。


④運営代行・サポート

初めてオンライン展示会を実施するにあたって、人材やノウハウに不安がある場合には、運営を代行またはサポートしてくれる機能を備えたサービスを検討することも重要です。

オンライン展示会の運営期間中は、事前の集客施策やトラブル時の対応、システム確認などを行うために、人員の増加が必要になるケースも少なくありません。

運営を代行・サポートしてくれるプラットフォームであれば、自社の人材リソース不足をカバーしてくれます。なかには、展示会の企画や集客、実施後のデータ分析、フォローアップまでサポートしてくれるサービスもあります。


⑤カスタマイズ機能

オンライン展示会のプラットフォームには、自社の要望に合わせて、コンテンツやデザイン、システム連携などを柔軟にカスタマイズできる機能を備えたサービスもあります。

プラットフォームによってカスタマイズできる内容は異なりますが、たとえば以下のような機能が挙げられます。


▼カスタマイズに関する機能の例

  • 3DCGや360°パノラマ映像、VR映像の制作
  • Web会議ツール、動画配信ツールとの連携
  • 展示ブースの追加・絞り込み、商談依頼機能などの追加


柔軟なカスタマイズができるプラットフォームを選択すると、目的・テーマに合ったオンライン展示会を開催できます。

オンライン展示会プラットフォームの選び方については、こちらの記事をご確認ください。

  オンライン展示会プラットフォームの選び方 | 株式会社ビークス【オンライン展示会製作】 オンライン展示会を開催の準備を始めて最初のお悩みに、「どうやってプラットフォームを決めればいいかわからない」というものがあります。急激な需要の拡大に伴って様々なサービスが誕生し、主催者としてどのような考え方でプラットフォームを決めればいいのか。今回はそのプラットフォームの選び方についてお話します。 株式会社ビークス【オンライン展示会製作】



まとめ

この記事では、オンライン展示会のプラットフォームについて、以下の項目を解説しました。


  • オンライン展示会のプラットフォームに必要な機能


オンライン展示会のプラットフォームは、機能やサポート範囲など、サービス内容が異なります。

自社の個性や商材の魅力をアピールするためには、レイアウト・デザイン・機能などを柔軟にカスタマイズできるプラットフォームが有効です。

運営代行やサポートを依頼できるプラットフォームを利用する際は、自社の人材・ノウハウを踏まえて、依頼する範囲を検討する必要があります。また、より多くの集客を図るには、マルチデバイス対応が欠かせません。

これからオンライン展示会の実施を検討している方は、自社に必要な機能を洗い出したうえで、プラットフォームを選定することが大切です。

ビークス』では、自社のデザイン・運営チームによって、御社のご要望に合わせたサポートをご提供いたします。受注へとつなげるための便利な機能も多数搭載しております。


オンライン展示会のサービスの詳細については、こちらからご覧いただけます。

ビークスのオンライン展示会について

  サービス|【株式会社ビークス】オンライン展示会の企画から運営までフルサポート 株式会社ビークスでは、オンラインならではの便利な機能を多く搭載した、オンライン展示会システム「caspa+a(キャスパー)」で効果的な展示会を実現します。貴社専属のプロデューサーがオンライン展示会の企画から運営までをトータルサポート。商品やサービスの魅力を引き出すオリジナルデザインでWebサイトを制作いたします。 株式会社ビークス【オンライン展示会製作】


詳しくは、こちらまでお問い合わせください。

  お問い合わせ|【株式会社ビークス】オンライン展示会の企画から運営までフルサポート 株式会社ビークスのサービスや料金プランに関するお問い合わせは当ページより承ります。内容確認後、担当者よりご連絡させていただきます。ビークスでは、貴社専属のプロデューサーがオンライン展示会の企画・制作・運営をトータルサポートしますので、初めて開催されるお客様でも安心してお任せください。 株式会社ビークス【オンライン展示会製作】


オンライン展示会をご検討中の方は
お気軽にご相談ください

【受付時間】平日 10:30~19:00
お電話でのお問い合わせはこちら
※在宅勤務実施のためお電話が繋がりにくい場合がございます。以下問い合わせフォームもご活用ください。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧