コラム

catch-img

展示会の出展にかかる費用の内訳と相場! 予算を決める際の注意点

自社商品・サービスをアピールできる展示会は、プロモーションや販路拡大に有効なマーケティング施策の一つです。展示会の出展には、ブースのデザイン設計や装飾、配布する販促物の用意などのさまざまな準備が必要になるほか、費用も発生します。

これから展示会出展の予算を策定しようとしている企業のなかには「展示会にどのような費用がかかるのか」「相場はどれくらいなのか」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

この記事では、展示会の出展にかかる費用の内訳や相場、予算を決める際の注意点について解説します。


目次[非表示]

  1. 1.展示会の出展にかかる費用の内訳
    1. 1.1.出展料(基本料金)
    2. 1.2.設備の施工費
    3. 1.3.装飾の製作・レンタル費
    4. 1.4.コンテンツ制作・印刷費用
    5. 1.5.そのほかの費用
  2. 2.展示会の基本的な費用相場
  3. 3.予算を策定する際の注意点
  4. 4.まとめ


展示会の出展にかかる費用の内訳

展示会の出展にあたっては、出展料に加えてさまざまな費用が発生します。「何にいくらかかるのか」を洗い出したうえで、必要性や予算の充て方などを検討することが大切です。

一般的な費用の内訳は、以下のとおりです。


▼出展にかかる費用の内訳

項目

内容

出展料(基本料金)

1コマあたりの料金

設備の施工費

  • 配線工事
  • インターネット工事

装飾の制作・レンタル費

ブースの装飾費

コンテンツ制作・印刷費

  • ブース内のコンテンツ作制作費用
  • 印刷費用

そのほかの費用

上記以外の費用


出展料(基本料金)

展示会のスペースは“コマ(小間)”という単位で広さが決められており、1コマに対して出展料が定められていることが一般的です。

広いスペースで出展したい場合には、2コマ、3コマと出展するコマ数を増やす必要があるため、費用も増加しやすくなります。


設備の施工費

ブース内の設備に関する施工費が発生します。具体的には、電気の配線工事、インターネット工事などが挙げられます。展示会によっては、設備の施工費が出展料に一部含まれている場合もあります。


装飾の製作・レンタル費

ブースの装飾は、参加者の印象を左右する重要な要素の一つです。装飾にかかる費用には、以下が挙げられます。


▼装飾にかかる費用の内容

  • 展示パネルやポスターの制作費
  • デモンストレーション用の展示コーナーの制作
  • 什器、ディスプレイモニター、音響機器などのレンタル費


装飾にこだわるほど費用も増加しやすくなるため、予算の範囲内で魅力的に見せる工夫が必要です。


コンテンツ制作・印刷費用

展示会の当日に活用するコンテンツや、参加者に配布する印刷物などの準備に費用がかかります。例えば、以下のようなものが挙げられます。


▼コンテンツ制作・印刷費用の内容

  • ブースで流す動画やアニメーションの製作費
  • ノベルティの制作費
  • 企業や商品に関するパンフレット、フライヤーの印刷費


そのほかの費用

展示会の出展にあたっては、以下のような間接的な費用も発生することがあるため、予算を策定する際に考慮しておく必要があります。


▼そのほかの費用

  • 機材やコンテンツの搬入費
  • スタッフの交通費
  • スタッフのユニフォーム制作費
  • ナレーター・コンパニオンなどの雇用費
  • 集客のための宣伝費 など



展示会の基本的な費用相場

展示会の出展にかかる費用は、展示会の種類や規模などによって異なりますが、一般的な費用相場は1コマ当たり約30〜50万円程度といわれています。

ただし、これはあくまで1コマのみの費用となり、ブースの装飾をはじめとしたさまざまな諸費用が加わります。そのため、実際にどれくらいの相場がかかるのかを一概にいうことはできません。



予算を策定する際の注意点

展示会の出展には、出展料だけでなく、ブース設計やコンテンツの制作、運営スタッフの人件費、印刷物の制作などにさまざまな費用が発生します。

コマ単価のみを重視して予算を策定してしまうと、追加費用がかかったり、準備期間やリソースの確保が難しく、スムーズな運営ができなくなる可能性があります。

予算を策定する際は、コマ単価に加えて、ブースの装飾や当日の運営までをどのように対応するかを考えることが重要です。

また、すべての準備を自社で行うのではなく、プロの制作会社に依頼することも一つの方法です。専門会社の場合、展示会について熟知しているため、装飾やコンテンツの製作、当日の運営についての一連の流れをサポートしてもらえます。


ビークスでは、展示会の企画立案からブースの設計・装飾、当日の運営までトータルサポートしております。予算に応じたプランで、最大限のクオリティをご提供いたします。詳しいサービス内容については、こちらからご確認ください。 

  サービス|展示会 株式会社ビークスは、イベントサポート実績15年以上のノウハウと貴社専属のプロデューサーによるサポートで、展示会を成功へ導きます。企画・制作・運営まで行うことで、リソース不足を解決し、初めての企業様も安心して開催いただけます。「展示会のノウハウがない」「リソースが足りない」「過去に開催したけど成果が出なかった」などの課題解決ならビークスにお任せください。 株式会社ビークス【オンライン展示会製作】



まとめ

この記事では、展示会の出展にかかる費用について以下の内容を解説しました。


  • 展示会の出展にかかる費用の内訳
  • 展示会の基本的な費用相場
  • 予算を策定する際の注意点


展示会の出展には、基本の出展料をはじめ、設備の施工費や装飾の制作費、コンテンツ制作・印刷費用などさまざまな費用が発生します。

出展料に関する費用相場は1コマ当たり30〜50万円ほどとされていますが、展示会によって異なります。出展料以外の諸費用も発生するため、併せて予算を策定しておくことが重要です。

よりクオリティの高い展示会をスムーズに実現するには、プロの制作会社に依頼することが有効です。

ビークス』では、展示会の企画から運営までトータルサポートいたします。展示会サポート歴20年の経験・ノウハウを生かして、貴社の魅力が伝わる装飾やコンテンツをご提案します。


お見積りについては、こちらからお気軽にお問い合わせください。

  お問い合わせ|【株式会社ビークス】オンライン展示会の企画から運営までフルサポート 株式会社ビークスのサービスや料金プランに関するお問い合わせは当ページより承ります。内容確認後、担当者よりご連絡させていただきます。ビークスでは、貴社専属のプロデューサーがオンライン展示会の企画・制作・運営をトータルサポートしますので、初めて開催されるお客様でも安心してお任せください。 株式会社ビークス【オンライン展示会製作】


また、オンライン展示会の費用相場についてはこちらの記事で解説しています。併せてご覧ください。

  オンライン展示会の相場と抑えられる費用について解説 オンライン展示会を検討しながら、「どれくらいの費用がかかるのだろう」「できる限り費用を抑えたい」などと考えるマーケティング担当者の方もいるのではないでしょうか。 オンライン展示会を開催する前に、オンライン展示会の相場を把握したうえで、予算を立てることが重要です。 この記事では、オンライン展示会の相場や、オフライン展示会と比べて抑えられる費用について解説します。 株式会社ビークス【オンライン展示会製作】


沖田
沖田
ビークスのディレクターです。オンライン・オフラインの展示会業務に関わる方に向けて最適な情報をお届けします。 ビークスは展示会サポート歴20年。イベント企画・デザイン・運営などのノウハウを活かして、展示会の開催・出展をトータルでサポートいたします。

オンライン展示会・展示会の開催/ご出展をご検討中の方は
お気軽にご相談ください

【受付時間】平日 10:30~19:00
お電話でのお問い合わせはこちら
※在宅勤務実施のためお電話が繋がりにくい場合がございます。以下問い合わせフォームもご活用ください。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。


展示会制作に関する記事


人気記事ランキング