コラム

catch-img

初めてでも安心! 展示会出展の成功を目指すための初心者向けガイド

展示会は、自社の商品・サービスをアピールして、認知の拡大や新たなリードの獲得、既存顧客との関係構築などを図るために有効な手法の一つです。

しかし、展示会の出展には企画立案やブース制作などの多岐にわたる準備が発生するほか、予算と運営人員のリソースを確保する必要があります。

初めて展示会に出展する企業さまのなかには、「展示会を成功させるにはどうすればよいのか」「企画や準備はどのように進めればよいのか」などと疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

この記事では、初めての展示会で押さえておきたいポイントと展示会の進め方、出展をサポートする会社の選び方について解説します。


なお、オンライン展示会出展の流れについてはこちらの記事で解説しています。

  オンライン展示会の流れは? 準備の際に活用できるチェックリストを紹介 オンライン展示会の明暗を分けるのは、開催前の事前準備といっても過言ではありません。「段取り八分」という言葉があるように、開催前の準備をどれだけ綿密にできるかが重要といえます。 特に、自社のみでオンライン展示会を開催する場合、「展示会の流れについてよく分かっていない」「何から準備したらよいか分からない」といった不安もあるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、初めてオンライン展示会の開催を検討している企業の担当者の方に向けて、開催のメリット・デメリットや開催までの流れと必要な準備などについて解説します。また、各ステップのチェックリストや注意点についてもまとめています。ぜひご活用ください。 株式会社ビークス【サービスサイト】


目次[非表示]

  1. 1.初めての展示会で押さえておきたい3つのポイント
    1. 1.1.①出展する目的を決める
    2. 1.2.②目標数値を明確にする
    3. 1.3.③テーマ・コンセプトを決める
  2. 2.初めてでも安心! 展示会出展の進め方
  3. 3.展示会出展をサポートする会社の種類と選び方
  4. 4.まとめ


初めての展示会で押さえておきたい3つのポイント

初めての展示会で失敗を防ぐには、本格的な準備をスタートさせる前に次の3つのポイントを押さえておくことが重要です。


①出展する目的を決める

何のために展示会に出展するのか、目的を明確にします。

最初に目的を設定していないと、展示会に出展することそのものが目的となってしまい成果につながらない可能性があります。出展の目的を明確にすることで、「どのような展示会に出展するとよいか」「誰に向けて何をアプローチするか」といった方向性を定められるようになります。

展示会に出展する目的は企業によって異なりますが、主に以下が挙げられます。


▼展示会に出展する主な目的

  • 商談の獲得
  • 新規リード(見込み顧客)の獲得
  • 自社商品・サービスの認知拡大
  • 既存顧客とのコミュニケーション強化 など


②目標数値を明確にする

展示会に出展してどれくらいの成果を得られたのかを確認するために、事前に指標となる数値目標(KPI)を設定することもポイントの一つです。

出展後に効果測定を実施して、目標と実際の数値と比較することによって、改善が必要な点が明らかになり次回の開催に役立てられます。


▼設定するKPIの例

  • 新規顧客の名刺獲得枚数
  • ブースの訪問者数
  • 受注数
  • 商談数
  • アンケート回答数 など


なお、展示会の効果測定を実施するポイントについてはこちらの記事で解説しています。併せてご確認ください。

  展示会の効果測定に用いる指標と実施のポイント 展示会はオンライン・オフラインを問わず、リード獲得につなげるために有効な施策の一つです。展示会をよりよいものに改善するためには、いくつかの指標に基づいて効果測定を行うことが重要です。この記事では展示会の効果測定に用いる指標や具体的な測定方法、実施のポイントについて解説します。 株式会社ビークス【サービスサイト】


③テーマ・コンセプトを決める

展示会の目的を踏まえたうえで、テーマ・コンセプトを決定します。

テーマ・コンセプトを決めることで、「ターゲットに何を伝えるのか」「商材をどのように訴求するのか」などの具体的な施策を検討しやすくなり、ブースの装飾や配布物などにも統一感を持たせられます。

また、テーマ・コンセプトを定めてターゲットを絞ることで、課題やニーズに響くアプローチを行えるようになります。


展示会のテーマの決め方については、こちらの記事で解説しています。

  成功への道! “展示会テーマ”の決め方と作成時のポイント 展示会を実施するにあたって「どのような企画やコンテンツを作成すればよいか分からない」「チームで施策の意見が割れてしまう」などの悩みを持つ担当者の方も多いのではないでしょうか。本記事では、展示会のテーマを決める際の流れについて解説します。 株式会社ビークス【サービスサイト】



初めてでも安心! 展示会出展の進め方

展示会に出展するにあたっては、さまざまなステップを踏む必要があります。ここからは、展示会の進め方について6つのステップで解説します。


▼展示会の進め方

ステップ

行うこと

1.企画の立案

  • 目的・目標(KPI)・テーマ・コンセプトを明確にする
  • 必要なタスクとスケジュールを策定してスタッフに共有する
  • 予算と人員のリソースを洗い出す

2.展示会の申し込み・会場選定

  • 合同開催の場合は、電話・メール・Webの申込フォームなどから出展の申し込みを行う
  • 自社単独開催の場合は、オフライン・オンラインでの開催方法を決めて、会場またはプラットフォームの手配をする

3.ブースの設計・スタッフの調整

  • 展示ブースの設計を行い、必要な装飾物・什器などを選定する
  • 当日参加するスタッフのスケジュールと役割を調整する
  • スタッフの交通費や昼食費などを算出する

4.事前の集客施策

  • 接点のある見込み顧客と既存顧客に招待状やDM(ダイレクトメール)を送付する
  • ホームページやSNSなどを利用して、自社と接点のない層にも周知を行う

5.当日に向けた展示会場の準備

  • 展示品や必要な什器、機材などの搬入を行い展示ブースを設営する
  • 機材のテストやブース装飾の最終調整を行う

6.開催後の効果測定・参加者へのフォロー

  • 効果測定を実施して、設定したKPIを基に目標の達成度合いを評価する
  • その場で商談につながらなかった参加者に対して、メールやDMなどでお礼の連絡を送付する
  • セミナーや次回の開催予定などがあれば併せて案内する


なお、展示会の準備と具体的なスケジュールについては、こちらの記事で詳しく解説しています。併せてご確認ください。

展示会の出展に必要な準備とスケジュールとは? チェックリストを活用しよう!

​​​​​​​   展示会の出展に必要な準備とスケジュールとは? チェックリストを活用しよう! 展示会に出展する際の準備は多岐にわたり、半年〜1年ほど前から始めておく必要があります。また、チームで作業を分担しながら滞りなくスムーズに準備を行うためには、スケジュール管理も欠かせません。 これから展示会の出展を検討している企業さまのなかには、「展示会にはどのような準備が必要なのか」「準備を進めるスケジュールの目安はあるのか」などと疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。 この記事では、展示会の出展に必要な準備とスケジュールの目安について解説します。準備に活用できるチェックリストも記載しているため、ぜひご活用ください。 株式会社ビークス【サービスサイト】



展示会出展をサポートする会社の種類と選び方

初めての展示会出展を成功につなげるためには、サポート会社を利用することも重要です。展示会出展をサポートする会社には、主に3つの種類があります。


▼展示会出展をサポートする会社

種類

特徴

企画・プランニング会社

  • 展示会の出展をトータルサポートする会社
  • 企画の立案からブースの設計・装飾、コンテンツの制作などに対応している
  • マーケティングの視点による展示会戦略の提案を行っている

デザイン会社

  • プロのデザイナーによるブースのデザイン設計・装飾を行う会社
  • 展示会のテーマやコンセプトに沿った独自性の高いブースを実現できる
  • 企画の立案や当日の運営サポートには対応していないことが一般的

施工事業者

  • 展示ブースやイベント会場の施工を専門的に行う会社
  • 施工費用は比較的抑えやすいが、ブースのデザイン設計には対応していないこともある


サポートしてもらえる内容や範囲は会社によって異なるため、社内のリソースや予算に応じて検討する必要があります。

初めて展示会に出展する場合は、企画立案や準備などがスムーズに進まないケースもあると考えられるため、トータルサポートしてもらえる会社がおすすめです。


なお、展示会の出展サポートをする会社の選び方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。併せてご確認ください。

  展示会の制作会社はどう選ぶ? 選択するポイントを知ってスムーズに出展しよう 企業がマーケティング施策の一環として実施するBtoB向けの展示会は、新規顧客の開拓や商品・サービスの認知拡大などにつなげるための機会となります。展示会の参加にあたっては、レイアウトの設計やブースの装飾、提供する資料・コンテンツの制作など、さまざまな準備が必要です。 制作会社に依頼することで、企画立案やブースづくりなどをサポートしてもらえるため、スムーズにブースを出展できるメリットがあります。 しかし、制作会社によって実績やサービス内容は異なります。そのため、「制作会社を選ぶときに何をチェックすればよいのか」「依頼するときに何に気をつけるとよいのか」などと悩まれている企業担当者さまもいるのではないでしょうか。 本記事では、これから展示会の出展を検討している方に向けて、制作会社の選び方とスムーズな出展につなげるポイントを解説します。 株式会社ビークス【サービスサイト】



まとめ

この記事では、初めて展示会に出展する方に向けて以下の内容を解説しました。


  • 初めての展示会で押さえておきたい3つのポイント
  • 展示会出展の進め方
  • 展示会出展をサポートする会社の種類と選び方


展示会に初めて出展する際は、目的や目標を明確にしたうえで、展示会のテーマ・コンセプトを決めることがポイントです。

また、出展に至るまでにはさまざまな準備が必要になるため、タスクを洗い出してスタッフの役割分担やスケジュールの策定を行うことも重要です。初めての出展に際しては、企画立案から運営、出展後の振り返りまでをトータルサポートしてくれる会社を選ぶのがおすすめです。

ビークス』では、展示会の企画・制作・運営を一貫してサポートしております。開催後の振り返りまでワンストップでフォローしているため、次につながる展示会を実現します。


詳しくは、こちらからお問い合わせください。

  お問い合わせ|【株式会社ビークス】オンライン展示会の企画から運営までフルサポート 株式会社ビークスのサービスや料金プランに関するお問い合わせは当ページより承ります。内容確認後、担当者よりご連絡させていただきます。ビークスでは、貴社専属のプロデューサーがオンライン展示会の企画・制作・運営をトータルサポートしますので、初めて開催されるお客様でも安心してお任せください。 株式会社ビークス【サービスサイト】


なお、展示会の効果的な見せ方とポイントについては、こちらの記事で解説しています。併せてご確認ください。

  展示会(オフライン・オンライン)の効果的な見せ方とポイント 企業が顧客獲得のために実施する展示会においても、今後はオフライン・オンラインの両方を取り入れた“ハイブリッド展示会”が増加すると見込まれています。 これからオフライン・オンライン展示会の実施を検討するなかで「どのような見せ方に工夫すればよいのか」とコンテンツの制作段階でお悩みの方もいるのではないでしょうか。 この記事では、展示会の効果的な見せ方について解説します。 株式会社ビークス【サービスサイト】


沖田
沖田
ビークスのディレクターです。オンライン・オフラインの展示会業務に関わる方に向けて最適な情報をお届けします。 ビークスは展示会サポート歴20年。イベント企画・デザイン・運営などのノウハウを活かして、展示会の開催・出展をトータルでサポートいたします。

オンライン展示会・展示会の開催/ご出展をご検討中の方は
お気軽にご相談ください

【受付時間】平日 10:30~19:00
お電話でのお問い合わせはこちら
※在宅勤務実施のためお電話が繋がりにくい場合がございます。以下問い合わせフォームもご活用ください。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。


展示会制作に関する記事


人気記事ランキング